くすりゆびにお星さま

tuliphouse.exblog.jp
ブログトップ

bookworm

exciteに記事ふっとばされましたが、くやしいので必死で思い出して書きます。

またしても風邪を引いてしまったようで、5月以来毎月下旬に熱を出してるなあ……。
とりあえず生活時間がずれてしまっているのと、あんまり動かないほうがいいよなということで、読書にふけっております。
自分内読書週間はもうちょい前から始まっていて、先週あたりからいろいろ読んでいるので、そのへんの話を。

今回の自分内読書週間、最初はここから。

あなたがここにいて欲しい (角川文庫)

中村 航 / 角川書店(角川グループパブリッシング)

たまたま表題作のさわりの部分を読む機会があって、「カマボコ記念日」その他もろもろにやられ、全編読みたくなって買ってしまったのですが、これが期待に応える面白さ。併録の「ハミングライフ」も絶妙。どっちもほのぼの面白系。

で、勢いで買ったのがこちら。

夏休み (河出文庫)

中村 航 / 河出書房新社

これも面白く読み進めたのですが、オチが肩透かしというか、「ええっ、そ、そうくるか??」という感じでした。「夏休み」のほうが先に世に出ているので、「あなたが~」で作者の力量が上がっているということかもしれません。ただ、「夏休み」を一切知らずに読んだので、「あなたが~」がより楽しめたかなとは思います。登場人物が一部かぶっているのですが、話中の時系列は「あなたが~」が先なので。

同時に購入したのがこれ。

めぐらし屋 (新潮文庫)

堀江 敏幸 / 新潮社

言うほどこの人の作品を読んでいるわけではないのですが、やっぱり堀江さんだなあという一作。長編です。
彼の作品との出会いは、この短編集。なんとも穏やかな語り口の、穏やかな物語たちです。

雪沼とその周辺 (新潮文庫)

堀江 敏幸 / 新潮社



さて、次に読もうと思って、もう一冊中村さんを買ってみました。「夏休み」がちょっぴりがっかりだったので、今回は古本屋にて半額で入手。

絶対、最強の恋のうた (小学館文庫)

中村 航 / 小学館


[PR]
by tuliphouse | 2010-08-01 00:45 | モノ好きな話 | Comments(0)

コスメ・紅茶の話や手間なしごはんレシピ他、日常のドタバタについて。 --------記事末尾の広告はブログの仕様によるもので、筆者や記事の内容とは関連がありません。


by tuliphouse