くすりゆびにお星さま

tuliphouse.exblog.jp
ブログトップ

蛙の子は蛙

今のところ、娘は母乳で育てております。
ところが母乳というのは、生まれてきたからといってほいほい出るものではなかったようで。
(それでも出産前にはまったく出ていなかったのが、カンガルーケアの段階でわずかながらも出たのはびっくり)
最初のうちは、赤ちゃんも吸うのが下手なので、吸っても充分に出なかったり、途中で疲れて(?)寝て、何をやっても起きなかったり。
しかし出さないといつまで経っても出ないままなので、入院中は授乳のたびに助産師さんにマッサージ&搾乳をしてもらい、それを哺乳びんに入れて飲ませたりもしました。
ちなみに助産師さんに搾乳してもらうのは、かなり痛かった。でもそのくらいしないと出なかったし、おかげで退院するころには、必要な分出るようになりました。
そんなこんなで、直接授乳も、搾乳→哺乳びんも併用していました。

ところで、赤ちゃんによっては「哺乳びんいやー」とか「直接授乳はいやー」とか、どっちかを嫌がって飲まなくなる(乳頭混乱というそうな)こともしばしばあるんだそうですが。
うちの子、直接だろうが、哺乳びんだろうが、何でも構わずガンガン飲みます。哺乳びんも、吸い口の形のだいぶ違う、コンビ製1本・ピジョン製2本あるんですけど、どれでもOK。傷になって痛かったときに乳頭保護カバーも使いましたが、これも平気。冷凍保存したものもドンと来い。ついでに言うと、吐き戻しも口の外に出なかったら飲み込んじゃうしorz
食欲魔人の子は、やっぱり食欲魔人。

おかげさまで、めきめき育っています。2ヶ月と1/3で体重測定の機会があったのですが、すでに6kgに到達……。
退院前は結構体重が減って、9%くらいという、これ以上減ったらよろしくないというところまでいって、どうなることやらと思ったものですが。自分では手加減してしまって、助産師さんがやるほどには搾乳できないし……と案じていたところ、退院前日に使わせてもらった搾乳器だと、痛くなくて楽に搾れて感動! 冗談でなく「希望の光が見えた」と思いました。退院して即、母に買いに走ってもらったほど。
ちなみに、使っている搾乳器は「ベビーリズムさく乳器 手動タイプ」。
[PR]
by tuliphouse | 2011-12-20 02:52 | 育児 | Comments(0)

コスメ・紅茶の話や手間なしごはんレシピ他、日常のドタバタについて。 --------記事末尾の広告はブログの仕様によるもので、筆者や記事の内容とは関連がありません。


by tuliphouse