くすりゆびにお星さま

tuliphouse.exblog.jp
ブログトップ

鼻吸いのコツ

熱はあっさり下がって、おおむね元気なものの、まだお鼻ズビズバな娘。
小児科の先生に「お母さん、頑張って鼻吸ってあげてね」といわれたこともあり、奮闘中でございます。
最初はなかなかうまく吸い出せなかったのですが、「赤ちゃん 鼻吸い コツ」などとネットで検索したりしていろいろ模索するうち、なんだかコツがつかめた気がするので、書いておきます。

うちで使っているのはこのスポイト式の鼻吸い器。

ベビー鼻吸い器

ピップ

スコア:


「ママ鼻水トッテ」などの、保護者が口で吸い出すタイプが取りやすいと評判なのですが、かなりの確率で吸い出した人にうつってしまうそうですな。出産した病院の看護師さんにも「自分が子育て中、あれで何度も風邪をもらったのでお勧めしない」と聞きましたし、実家が遠い自分たちが寝込んでしまうと、援軍がいなくて困りますから、これはできれば使いたくない。そこで、うまく吸うのは難しいとも聞くけれど、まずはスポイト式でやってみようとなったのです。

狙い目は、比較的穏やかな機嫌のとき。
ぐずっているときも難しいけど、ご機嫌すぎてハイテンションでも、顔をぶんぶん動かすのでやりにくいです。まあ機嫌に構わずやらざるを得ないことも多いんですが。

b0060609_1414016.jpg
お道具一式を用意して、いざゆかん。
両手が使えるように、子どもは抱っこではなく布団やバウンサーに寝かせます。
b0060609_1414110.jpg
説明書のとおり、底を押してチューブの根元を押さえて、先端を鼻に差し込みます。チューブの先がほぼ全部入ったら、押さえていた指を離して、鼻水を吸い出します。
で、そのままでうまく吸い出せない場合は、反対の鼻を指で押さえます。うちはこれでかなり取れるようになりました。ただ、押さえにいった指で、子どもが暴れたときに目を突いてしまわないよう、注意が必要かと。
スポイトで全部取れなくても、ある程度鼻の外に出てくれたら、あとはガーゼやらベビー綿棒やらで引き出すように取っています。

あと、鼻水がたまって咳き込む、ということもあるみたいですね。あまりに連続で咳き込むので、何とかならないかと調べたときにそういう例を見て、鼻吸いをやってみたらあっさり治まりました。

と書いているうちに、咳き込みだしたので本日4回目の吸引。症状が治まるまで、格闘は続きそうですなあ。

ところで、
「ママ鼻水トッテ」の先端の丸いパーツを、「ピップベビー鼻吸い器」に取り付ける
 or
「ピップベビー鼻吸い器」を「ママ鼻水トッテ」の吸い口に取り付ける
で、最強の鼻吸い効果が得られないものかと思うんですが、誰か試した人いないんですかねえ。ぐぐったけど出てきませんわ。
[PR]
by tuliphouse | 2012-02-04 17:53 | 育児 | Comments(0)

コスメ・紅茶の話や手間なしごはんレシピ他、日常のドタバタについて。 --------記事末尾の広告はブログの仕様によるもので、筆者や記事の内容とは関連がありません。


by tuliphouse